<< 2月4日の入荷情報。GIANA SISTERS[欧州版DS]ギアナ シスターズ。など入荷しました。 | main | 初心者が遊ぶ初めての洋ゲー(DS,GBA)洋ゲーのすすめ。その3。 >>
2010.02.05 Friday

>>Bダッシュはないけど、ボスにはワニが出てきます。 欧州DS限定ソフト。GIANA SISTERS(ギアナ シスターズ)紹介&レビュー。

昨年から好評をいただいているスーパーマリオを強く意識した(パ○リ)ゲームの

・GIANA SISTERS[欧州版DS](新品)ギアナ シスターズ

約2ヶ月ぶりに、新品を入荷しました。
これまで、何度か入荷情報をお伝えしてきましたが、
肝心の内容にはマリオのパクリ以外の情報を、あまり書いていなかった
と思いますので、遅ればせながら今回は内容に触れたいと思います。

その前にこのゲームの個人的キーワードをいくつか
・ブロックは絶対にマリオ
・攻撃方法はやっぱりアレ
・ボスもどこかクッ○に似ている
・手抜きもあるが、意外と良く出来ている
・音楽が良い


ここからが本文です。キーワードを意識して読むと若干楽しめる?(当店比)

GIANA SISTERS(ギアナ シスターズ)はマリオを比較にして出すだけあって
昔ながらの横スクロールアクションゲームです。ボタンも基本はBとYしか使いません。
(一部にタッチでアイテムを使う要素はあり)
ワールドは○-1という感じにいくつかに分かれていて順番に攻略し、
各ワールドの最後ステージには、クッパならぬワニのボスが待ち構えています。

攻撃方法は踏みつけ、とアレ
GIANA SISTERS(ギアナ シスターズ)にはマリオとは違いBダッシュがありません。
やはりマリオのパクリゲーというだけあって、マリオを意識して遊ぶと
これが最初物足らなさを感じるのですが、遊んでいく内にステージ構造
からいってBダッシュはいらないかな、とちゃんと思える作りになっています。
マリオ同様敵を踏みつけることが攻撃になり、さらにパワーアップすることで攻撃が可能。
パワーアップアイテムは、キノコではなく、サーカスのピエロが乗っていそうな玉です。
そのピエロ玉取る事でファイアマリオならぬ、ファイアギアナ?に変身することができ、ファイアを放つことができるようになります。

最初アイテムはファイヤ玉だけですが、ワールド3以降は
特定のブロックを破壊できるコーラ。
泡に包まれ、空を飛ぶことができる泡ガム
の2種類のアイテムが出てきます。ここら辺から遊びに幅がでてきますので、
序盤を退屈に感じた方は、ステージ3まで進んでみることをお勧めいたします。


ステージは短め、だけどパーフェクト達成は茨の道(やりこみ要素)
1つ1つのステージは短め(特に序盤は)ですので短い時間で1ステージ
といった遊び方ができます。
しかしステージは短いのですが、その短さなんとも中毒的で、じゃあ次といった感じに遊んでしまう魅力があると思います。
この点はなんだかパズルゲームのようです。
ステージ数は全部あわせると、結構な数が用意されています。

ステージ上には青い宝石と赤い宝石が配置されてあります。
青い宝石はマリオでいう普通のコインの役割。
赤い宝石は、やりこみ要素的なコインとなっています。
赤い宝石はステージにいくつあるのかは、下画面に表示されてありますが、
どこに配置されているかまではわからないので、自分の力で探すしかありません。
赤い宝石を全部取る事でそのステージはパーフェクトとなり、
ワールド全てのステージで赤い宝石を取る事で、ボーナスステージを遊ぶことが出来るようになります。
赤い宝石を集めることは任意のため、集めなくてもゲームをクリアすることはできます。
ゲームクリア自体は、誰でもがんばればクリアできる難易度だと思いますが、
赤い宝石を全て収集するとなると、難易度はグンと上がります。
まずはステージのどこに赤い宝石があるのかを探さなくてはならなくなり、
制限時間もあります。
後半は制限時間がたっぷり用意されているわけでもなく、
加えてその配置場所も簡単には取れない場所に配置されています。

アクションゲームが苦手な人用に通常クリア。
それでは物足り無い人用に、赤い宝石集め+おまけ。
というバランスが良くできていると思います。

まとめ
ボス戦はワールドごとの変化が乏しく手抜き感が正直あるものですが、
赤宝石の要素はなかなか良いと思います。
ゲーム初心者でも、マリオっぽいと思ってしまうグラフィックにジャンプアクション。
まさにネタゲーなのですが、ネタゲーだけに収まらない操作性と、音楽。
ステージには一度クリアすれば、好きなときに戻ることができるので、再挑戦もいつでもできます。

以前もお伝えしましたが、このソフトは当店として異例で購入者様からの
感想を多くいただいたソフトです。
その感想というのが、「ネタのつもりが結構遊べる内容で驚いています」的なものが多く、実際遊ぶとその意見がうなずける内容だと思います。


世界的人気の本家、Wii版のマリオさんは、累計販売台数は1000万本を超えたそうですが、
世界累計でもおそらく数万本売れたか(正確な数字は知りません)
というこんなソフトをbit-gamesは今年も応援しています。
まずは目指せ国内流通本数3桁!
(昨年ベースで5年くらい売れ続ければ届きそうな数字です[無理っぽい])
Search this site.
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Others
Mobile
qrcode