<< PS4パッケージ版「バトルガレッガ Rev.2016 / Battle Garegga」予約受付案内。 | main | PS4 Discパッケージ版「バトルガレッガ Rev.2016」入荷しました。  >>
2018.01.18 Thursday

>>女神転生 〜三十年“誌”〜。同人誌ならではの面白さ。メガテン本 紹介 感想

品切れ状態となっていましたが、もう少しお店に置いておきたいという気持ちもあり「女神転生 〜三十年“誌”〜」再入荷しました。

同時に、ネタばれを抑えつつ、読書感想文的なことを書きましたので参考にしていただければ幸いです。

 

 


・女神転生 〜三十年“誌”〜 古の稀人伝を振り返る[日本語]

 

 

<< 同人誌だからこそ『幅』と『面白さ』を感じられる三十年誌 >>

 

今書は、家庭用ゲーム機用としてナムコから発売された記念すべき女神転生(メガテン)シリーズ1作目。FC版『女神転生』を取り上げた同人誌です。

そう1987年に始まり30年となる女神転生の歴史は、ナムコ販売から始まったのです。こんな事を書いていると、「ファンなら常識!」なんてツッコミも聞こえてきそうではありますが、本書は「ファンならば、より楽しめる」ということは、もちろんそうなのですが、こういった経緯や歴史を知らないコアなファンではない方、プレイ経験がない方でも楽しめる内容も書かれている本となっています。

 

そういった面では特に、『女神転生誕生まで』から始まる前章に注目!

メガテンが、

・元々「原作小説デジタルデビルストーリー」をメディアミックスする企画から始まったこと。

・社長を含めて7人で始まった開発会社アトラスの誕生。

・家庭用ゲーム機ファミコンに早い段階で参入した会社の特典(年間発売できるゲーム数)から考える発売メーカー、経緯に対しての推測。

などなど、ゲームヒストリーや、裏事情的な部分は、特に興味深く読めるのではないでしょうか?

 

 いろんな話が聞けるから、彼の話は面白い

女神転生 〜三十年 古の稀人伝を振り返る」は、同人誌です。

本書の筆者は「原作小説やその著作に関わっているわけではない」と前置きをし、個人が手に取れる資料と、色々調べた結果の範囲、『当事者ではないので資料から妄想する部分が関の山』 と述べています。

一般的に流通する商業紙だと、記事にするには情報の正確性を確保するためにも、取材をし、裏取りをしたり、インタビュー記事を載せるなどいう形になります。特に裏を取る作業は、とても大切だと思います。しかし商業紙ならではの制限がでてきますし、型にはまった記事になりやすい面もあるのではないでしょうか? 

取材して得た情報を全て載せるわけにはいきませんし、より無駄を省いた、ポイントを絞った記事構成が必要になります。しかし、その段階で『カットされる部分=不必要』とはなかなか言い切れないもので、受け手によっては読みたい内容の幅は違うと思います。

それだけでなく、例えば情報を調べる過程や、触れた時の空気感。筆者の個性や感想など商業誌ならば、時に不要とされるようなこと。個性的な記名ライターや、インタビューで聞き手のライターが感想を載せている記事もありますが、やはり幅は同人誌の方が、自由度があるわけで。

本書にはそれら商業紙では、時に不要とされることや、確実ではない情報が含まれ、結果だけではない部分も書かれています。それを読むことがまた面白いこと。

 

例えるならば、ある作品にめっぽう詳しい友人が話してくれるゲームトーク。

とでもいいましょうか。そういう話って、楽しくありませんか?

 

全てが*正確な情報とは限らないという前提はあります。

(とはいっても筆者のできる範囲で、情報を正確に取ろうという姿勢もちゃんとあります。例えばWikiなどの情報であってもWikiだけで済ませず、得たヒント・キーワードを元に過去の雑誌などから情報を得るなど)

Wikiに限らず、正確・不正確どちらの情報もあるため。

 

協力者の力も借りつつも、これだけの情報を得て、時には国会図書館に足を運び、それらをまとめて1冊にするのは、やはり大変だっただろうなと思います。

 

 製作者インタビューは答え合わせの一面も 

そして本書の目玉記事の1つ。当時のアトラス取締役・企画担当、上田氏への製作者インタビューでは、前章の記事に関して、答え合わせのような記事にもなっています。

前章はインタビュー前に書いた内容で筆者の推測が入っている為、聞ける範囲で実際に聞いてみるという形です。前章は、資料から推測したものの結果として間違っていたことも、ほぼ修正せず掲載されています。

その記事を読んでからインタビュー記事を読めば、読者も一緒に推測が正しかったのか?

筆者と一緒に「答え合わせ」しているような感覚で記事を読めます。これも同人誌ならではの面白い記事の書き方かなと思いました。

他にもストーリー・システム考察、攻略本紹介など、前章・中章・後章と3章にわたってFC版『女神転生』に関する豊富な記事が掲載されています。

 

ゲームを扱う本の良し悪しを計る1つの要素として、過去にプレイした経験がある人も、遊んだことのない人も、読後にその作品を遊びたくなるかが1つの判断材料になると思うのですが、少なくとも私にとって「女神転生 〜三十年 古の稀人伝を振り返る」はFC版『女神転生』が遊びたくなる1冊でした。

この記事のトラックバックURL
トラックバック
Search this site.
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Others
Mobile
qrcode