<< FC/FC互換機用ソフトの新作。「NEO 平安京エイリアン」予約受付開始しました。 | main | 激ムズ、リトライアクション。「エスケープ 2042:真実のディフェンダー」DC、MD、GBなどで遊べるインディーズゲーム紹介。 >>
2017.07.10 Monday

>>2回連続企画。インディーズゲームを紹介「Zia and the goddesses of magic」機種:DC

 

<<  少女Ziaのちいさな冒険 DCで遊べるインディーズRPG >>

2回連続企画として、インディーズゲームを紹介します。

本日紹介するのは、DCで遊べるRPG。「Zia and the goddesses of magic」です。

今回次回と、DCなどで遊べるインディーズゲームを紹介しますが、

どちらも、「Alice's Mom's Rescue / アリスの母親の救出」と同じ開発になります。

 

開発順は

「Zia and the goddesses of magic」(今記事で紹介)

Escape 2042: The Truth Defenders / エスケープ2042」の順番で、「エスケープ2042」が最新作になります。

 

青髪少女が今作の主人公「Zia」

 

◇山育ちの少女は、魔法探しの旅へ
山育ちの少女Ziaは古い本をみつけ魔法の存在を知りますが、周囲は魔法に興味を示すものはなく、Ziaは寂しい日々を送っていました。

あるときZiaは冒険にでる決意をかため、旅に出ることになります。

 

[ジャンルと対応言語]

ジャンル:RPG
対応言語:英語、フランス語、スペイン語(日本語には対応していません)

英語自体は、長文・難解というわけではありません。

 

◇要暗記。コマンド入力式のタイマンバトル
Ziaが道中習得した魔法は、戦闘で使用することができます。

この戦闘での魔法が、今作品の一番の特徴的な部分といえるでしょう。

 

魔法は、王道RPGのようなコマンド選択型ではなく、十字方向へ魔法コマンドを入力することで発動します。

例えば火の攻撃魔法の場合「←→→→」と正しく入力すると発動。
コマンドは失敗すると、素手で殴る弱い攻撃になってしまいますので、場面によっては失敗=死につながる場面もあります。

魔法コマンド自体はステータス画面で確認できますが、戦闘中に円滑に使用するには、暗記やメモをしている必要があるでしょう。

 

戦闘画面。入力したコマンドは上部に表示される。

 

魔法の使用にはMPを消費するのですが、MPのシステムは「MAXの状態から0になるまでは使える」、という基本的なRPGシステムとは違っています。
まずMPは戦闘開始時は、常にMAXの状態で始まります。戦闘中に魔法を使えばMPは消費しますが自分のターンになれば、一定数回復します。消費MPが少ない魔法ならば、毎ターン使用できますが多い魔法の場合そうはいきません。

 

例えばMAX:MP6。「火の魔法」と「HP回復」、2つの魔法を使える状態だとします。
火の魔法の消費MPは6
HP回復魔法、消費MPは2です。

 

1ターン目 / 火の魔法を使用。→ 残りMPは0になります。
2ターン目 / 自分のターンなったのでMP4が自動回復。MP4では火の魔法は使用できませんが、回復魔法を使用することは可能です。そのため、このターンでは回復魔法を使用。→ Ziaの残りMPは2。
3ターン目 / 再びMP4回復するので「火の魔法」 or「回復魔法」どちらも使える状態に。
 

このようにMPの残量を考えつつ、戦闘を進める必要があります。

 

戦闘で獲得した経験値は、プレイヤーが好みで各パラメーターに振り分けることができ、これがレベルアップになります。

ちなみにレベルアップは、経験値が「1.0」貯まると可能ですが、任意で振り分けをしないとレベルアップしないので注意が必要です。自由分配ですが、パラメーター自体が3種しなかいため、深いシステムではありません。

 

 

◇辛い鈍足仕様。ショート系の作品
旅の最中に村人など、Ziaは世界の住民とコミュニケーションをとることにはなりますが、頼もしいパーティーメンバーに出会うこともなく、最後まで一人旅。戦闘も1 VS 1の状態が最後まで続きます。
クリアまでのプレイタイムですが、数時間程度という短い作品です。

 

今作には、個人的に黙過できないことがあります。
それは序盤(雪エリア)& 屋内といった一部MAPで移動速度が遅すぎることが、プレイヤーへの大きなストレスとなっている作りです。雪は足を取られるから遅くなるというゲーム上の設定があるのでしょうが、最初のマップが雪国なので次のステージから歩行速度が上がることを知らずに、同理由により序盤で止めてしまう人も現れるのではないかと思います。

屋内では「雪=鈍足」ということも説明がつかなくなるので、ストレスにしかなっていません。

この移動速度は、筆者のようなせっかちなプレイヤーには厳しいものがあります。

 

 

Ziaはジャンプが可能。使う場面はこういった、足場への移動など

 

 

 

雪エリアなど鈍足以外の場所では、歩行速度は普通に。

 


◇あの人の、あの台詞はいいけれど……。

Ziaが旅する中、出会う人には
同開発の「Alice's Mom's Rescue / アリスの母親の救出」のアリスがいたり、

「ドリームキャストLOVE」と話す人がいたり、ニヤリやほっこりする体験もあります。

 

筆者はクリアまでの時間が長ければ長いほどいいという考えではありません。短い時間でも濃密な体験が味わえればいいと思います。しかし、「Zia and the goddesses of magic」には今作でしか体験できない、突起したゲーム性を感じることもなく、舌を巻くような凝ったパズル要素があるわけでもありません。また快適性に問題を抱えています。
今作の個性は作品の中身自体ではなく、レトロ機で遊べるということが、最大の個性なのでは? とも思ってします点が残念です。

 

レトロ機でも遊べるゲームをコンスタントに作り続ける点は称賛したい思いですが、「Alice's Mom's Rescue / アリスの母親の救出」でもみられた、悪い意味でのインディーズゲーム的な要素が今作にも見受けられる点が残念です。

ドット絵や音楽など、好ましく思う方もいるであろう部分がある為、せめて歩行速度だけでも快適ならば、もう少し気軽に楽しめるRPGになったとは思うのですが。

同開発には、もう何歩か進化したゲームを見てみたいのも正直なところです。

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Search this site.
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
  • 海外から逆輸入。セーラームーンDSなど、入荷しました。
    bit-games (12/28)
  • 海外から逆輸入。セーラームーンDSなど、入荷しました。
    みゅう (11/16)
  • bit-gamesでの予約・取り寄せ・キャンセルについて
    芦田俊太郎 (08/25)
  • NES(海外版FC)新作ゲーム。Mad Wizard マッド ウィザード。ファミコン
    bit-games (05/16)
  • NES(海外版FC)新作ゲーム。Mad Wizard マッド ウィザード。ファミコン
    ファミコン現役 (05/15)
  • MD&DC「Pier Solar ピアソーラーと偉大なる建築家」&「SACREDLINE」について。
    有澤深也 (12/15)
  • 今度はFM音源も対応!!マスターシステム変換アダプタ(コンバーター)予約受付開始しました。
    bit-games (12/03)
  • 今度はFM音源も対応!!マスターシステム変換アダプタ(コンバーター)予約受付開始しました。
    通りすがり (12/03)
  • コナミのMSXソフトを網羅した本。The Legend of Konami 再入荷希望者、募集を開始しました。
    吉村験 (11/17)
  • ニンテンドウ64 連射 ワイヤレスコントローラー予約受付開始しました。
    bit-games (11/15)
Links
Others
Mobile
qrcode