<< DC作品3種、「Ghost Blade」「DUX 1.5」「アリスの母親の救出」再入荷しました。 | main | [最新入荷情報]GBA、SNESなど中古ソフトを入荷しました。 >>
2016.04.06 Wednesday

>>[DCゲーム紹介]親切設計が嬉しい、誰でも気軽に遊べるパズルゲーム「Leona's Tricky Adventures」

☆DC新作レビュー。「Leona's Tricky Adventures」
先日から販売を開始したDCで遊べる新作ゲーム「Leona's Tricky Adventures」
*数年の開発を得てリリースされたわけですが、
パズルゲームという性質状、見た目で伝わり辛い部分もあると思います。
今作はどんなゲームなのでしょうか?
本日は「Leona's Tricky Adventures」を紹介します。
*記事の最後にDCリリースラッシュについても少し触れてみました。

スクリーンショットの撮影環境の影響で左右と上に枠がでていますが、4.3環境では通常枠はありません。
あまりスクリーンショットの画質が良くありませんが実際はもっと鮮明な画面で遊べます。


タイトル画面

マウス対応のため、スタート画面にマウスの文字


<< 動物たちが住む世界でパズル。動物を助け世界を開放しよう >>
主人公のLeonaが冒険するのはBasopiaという、会話のできる動物たちが生活する世界。
プレイヤー(Leona)の目的はBasopiaの住民たちを助けることにあります。

「Leona's Tricky Adventures」はMAPのあるストーリーモード的なモードで遊ぶことになるのですが、
MAP上は移動するだけでなく、Basopiaの住民たちとちょっとした会話することも可能です。

話を聞いてみるとBasopiaの住民たちは、どうやら困っているようです。
パズルを解くことで、住民たちの助けとなります。


画面の中央の郵便ポストのようなものがソケット。MAP上に多数配置されている。
ソケットを調べるとパズルが始まる。

住民たちとの会話からなるストーリー要素ですが、
テキストの量は少な目。日常会話程度です。

例えば
住民:家が無くなってしまった

プレイヤーがパズルのノルマを達成することで、住居が復活→感謝

このようなストーリー要素は開発者によると、緩急の少ないパズルゲームである性質状、
取り入れた要素のようです。
重厚なストーリーを期待する人には物足りないかもしれませんが、
確かにゲーム進行やノルマを達成するにあたって、こういった会話でもあった方が
プレイヤーの攻略意欲を一定数掻き立ててくれるので
パズルのみをこなすよりも、あって嬉しい要素ではないでしょうか?
とはいえ攻略する上で必読でもなく、英語が読めない方でも問題ないともいえます。

案内役となるのはフクロウ



動物たちとの会話
ストーリーがあっさりしているのは、ある意味、海外産のあるあるか


最初はいける場所も少ないのですが、クリアするごとに、世界は解放され広がっていきます。
道ができるだけでなく、何もなかった場所に木々が生えたり、
住居が復活したり、洞窟の入り口が開放されたり


ノルマ1のクリアでは畑に変化はない


ノルマ2までクリアすることで畑に変化が!


ノルマ2までクリアしたことで宝箱が現れた場面


<<  気軽に遊べるパズルゲーム [ルール説明] >>
さて、ゲームのメインとなるパズルですが、
こちらがパズルのゲーム画面です。


序盤はフクロウが解き方を教えてくれる。

画面が左右2つに分かれています。
プレイヤーの目的は左のパズルを右の状態にすることです。
右は見本なので、プレイヤーが操作するのは左側のみ。
パズルの色は赤、黄、緑、青、紫の5色。
クリックするごとに赤→紫方向に進んでいき紫の次は壊れてしまいます。
画面の中心部に進行順が表示されいるので、順番は常に確認可能です。

ポインターを操作し、クリックすることでパズルの色を変化させることがでるのですが、
1クリックでポインターを中心とした十字方向の色が変化
中心部(クリックした場所)のみは2段階進行
します。(十字なので最高5カ所)
上記のスクリーンショットのをもう一度みてください。
このパズルの場合、真ん中をクリックすれば右画面のように変化するのです。

1ソケット(セット)辺りの問題数は5〜8問程度。
時間としては1問あたり1分もかからないものもありますし、かかっても数分程度で攻略できる問題が中心。

ノルマはソケットごとに2段階設定されています。
1はゲームを進める上での必須のノルマ。
2をクリアすれば、「住民の助け」になったり「他に道が開かれたり」といったプラスαの要素が解放されます。
画面の上「1/3/-」とありますが、左から「達成数/ノルマ1/ノルマ2」となっています。


序盤は、どこをクリックすればいいのか光って教えてくれる。

「Leona's Tricky Adventures」は対戦パズルではないので対戦要素はなく、1人プレイ専用となっています。
何分で攻略できたか? というタイマーはあるものの
攻略するうえで時間制限はなく、ゆったりと問題に取り組むことが可能です。
最初はただ単純にどこをクリックし、色を変化させるかという問題ですが、
進めるうちに壊す要素パズルを破壊し落とすなど、性質の異なる問題もでてきます。



「壊す」がテーマの序盤問題。



この問題も右の状態にするには、変化だけでなくパズルのどこかを壊す必要がある。
落ちものパズル的な感じも


<< ストレスを軽減させる親切設計。ボリューム大=高難易度ではない >>
「Leona's Tricky Adventures」は総問題数が数百問というボリュームのある内容になっていますが、
ゲームを進める上で一方通行的に難易度が上がり続ける難易度調整はなされていません。

基本的に
1ソケットごとに「初期問題→難易度上昇しつつ、最終問題」という流れになっており
ソケットごとに難易度はリセットされます。
しかもノルマが2段階となっているので難易度の上がった問題は解きたくなければ、
飛ばして次に進むことも可能です。
ゲームを進めるうちに問題の性質は変化しますが、初期問題から始まるので挑みやすくなっています。

またボタンを1回押すごとに1手ずつ、「戻し」、「進み」が可能。
問題中に手間違えてしまったとしても、最初からやり直しということが発生しないので
ストレスなく自分の考えを試すことができます。セーブもいつでも可能です。
1問あたりの時間も長くなく、気軽にプレイすることが可能です。

今作を説明する上でピクロスの名が上がることがあるのですが、
パズル性は全く違いますが、倉庫番であったり、*ピクロスであったり、
焦ることなく一人で気軽に楽しめるパズルゲームという点では共通しており、
そういった作品が好きなかたには、いいのではないでしょうか。
短期間で全問クリアを目指すというよりも、ちょこちょこ進めるのがお勧めのプレイスタイルかと思います。

*時間制限のある作品もあるので一部作品を除く



今作でしか味わえない、絶対的な個性や中毒性こそないものの、
パズルのみではなくMAPにキャラを配置して世界観を構成し、1手ずつ「戻し」・「進み」が可能、
どこでもセーブできる、MAPを表示できる地図に、MAP上を移動できるワープポイントなど
今作ではプレイヤーへ無駄なストレスを感じさせない配慮ができており、丁寧に作られた印象を受けます。
実際、海外ではプレイヤーの評価は好評なようで、その評価も頷けます。

シューティングやアクションが中心のDCインディーズ群のなかで、
適度に頭を動かせますし、息抜きに最適な作品ではないでしょうか。
DCインディーのゲームジャンルに幅を出してくれたこと評価したいところです。


サウンドテストも配備
「Leona's Tricky Adventures」のサウンドは、
聞いていて心地よい音楽が多く、今作の世界観の構築に一役買っている。


今作にもあるVMUの液晶画面
やはりドリームキャストで遊ぶ以上は欠かせません。
これはロード画面のもの。(ロード時間は短めの作品です)
ちょっとしたことですが、やはりDCだけの嬉しい要素。
VMUに表示される画像は数種類あり、
今回掲載したのはこれですが、メインのグラフィック違います。
実際にプレイして確認してみて下さい。


<< Dreamcast作品。開発からリリースまでは年単位が必要。DCの今後は? >>
ここのところ海外のDreamcastインディーズタイトルが幾つかリリースされており
リリースラッシュの感じもあるのですが、
最初にも触れましたが、今作も開発に数年単位がかかっています。
公式の開発期間は2013〜2015年
実は「Leona's Tricky Adventures」も一時期は本当にリリースできるのかと思った時期もありました。
意欲や技術などといった開発上の問題だけでなく、金銭面の問題など紆余曲折あったことが想像できます。
実際、DCのインディーズタイトルの中でもリリースまで到達できなかったタイトルもあるからです。
近年のリリースラッシュは数年前に開発が始まった幾つかのタイトルの中から
リリースまでたどり着いた作品が発売を迎えられたという面もあるのです。

今年の時点でも開発中のタイトルを数点確認できており、
早ければ今年中に入荷できるものもあるかもしれませんが、
どれも今年に開発がスタートした作品ではありません。
開発中の作品もあり、DCで遊べる新作インディーズ作品はまだ打ち止めとはならないでしょうが、
5年後も10年後はどうなっているでしょうか?

5年後も10年後も、「またまたDCに新作が登場!」と言ってみたいものですが、
制作したいと思う製作者・ゲームの質、製造できる環境、ハード面などプレイ可能な環境、
そして購入していただけるお客様、
どれかが欠けても続かないでしょう。さて今後どうなるでしょうか。
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Search this site.
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Others
Mobile
qrcode